新型インフルエンザ対策

日本の新型インフルエンザ感染者数は7月24日現在で4986人となっていますが、死亡者はゼロを保っています。世界の感染者数は135カ国で 94,512名となっており、うち429名の死亡が確認されています。WHOの集計によるもので、世界各国の当局報告とは時間差があるケースが多いようですが、信頼度が高いとされています。もちろん、実際にはこれ以上の感染者数になっている事は間違いないでしょう。最も感染者数が多いのはアメリカで3万人を越えています。ついで豚由来新型インフルエンザの発生の地となったメキシコが1万人をこえる感染者数を記録しています。秋から冬にかけては、人口の多い北半球での新型インフルエンザのパンデミックは避けられません。

日本赤十字社「新型インフルエンザ対策」
http://www.jrc.or.jp/saigai/news/l4/Vcms4_00001078.html
日本赤十字社では、感染予防と拡大防止のために新型インフルエンザ対策として一般の方向けにリーフレットを作成しています。

WHOは新型インフルエンザには今までのワクチンは効かないという見解を示しました。新型インフルエンザに対応したワクチンの供給には4〜6か月(09年5月2日現在)かかると言われています。エースレギュラーは50枚入りなので、1セットで50日分の対応が可能です。
posted by iinoda at 02:15 | ノロウイルス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。